もちろんこれは「できれば」という条件付きになるが、グリーンへはなるべく花道から上がる習慣をつけるのも、立派な“上達法”だ。その理由はーー

「大きな傾斜」が把握できるのだ。

画像: 「大きな傾斜」が把握できるのだ。

「グリーンは、最初に大きく傾斜を把握し、カップに近づくほど細かな傾斜を確認するのが基本の流れ。そして、傾斜を把握するためには、高い位置より低い位置からの方が見やすい。多くの場合、花道はグリーンに対して低い位置にあるので、グリーンへは花道から入るのがいいんです」とは中井学プロの弁。グリーンの「大きな傾斜」を把握すれば、ファーストパットでの大オーバーや大ショート、完全なるラインに読み違えといった事故が防げる。覚えておくといいだろう。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.