ゴルフ場予約サイトの「じゃらんゴルフ」が、公表されている統計データをもとに、各国のゴルフ人口、ゴルフ場数などの“ゴルフ事情”をデータをビジュアライズする「インフォグラフィックス」で発表した。これがなかなか面白い!

それがこちら。日本は世界3位のゴルフ大国!

画像: それがこちら。日本は世界3位のゴルフ大国!

うーん、面白い。こういうデータは文字情報として見せられてもなかなか頭に入ってこないが、こうしてビジュアル化されていると概要がカンタンに把握できるから不思議だ。

日本はゴルフ場数3位、ゴルファー数、ゴルファー割合、全部「3位」

ゴルフ場数を基準に考えた場合、1位は圧倒的にアメリカ。以下、2位イギリス、3位日本、4位カナダ、5位オーストラリアとつづく。以下、ドイツ、フランス、南アフリカ、スウェーデン、中国という並びだ。トップファイブは納得がいくけれど、この6位から10位の顔ぶれは正直意外だ。とくに中国が10位にランクインしているのは特筆ものだろう。汚染水問題で閉鎖がつづいているともいわれる中国のゴルフ場。今後どうなっていくのか注目だ。

ほかにも、リオ五輪を間近に控えたブラジルは南米でコース数2位、ナイジェリアには意外にも52もコースがある、などなど、意外な情報も読みとれる。みなさんも、じっくり眺めると発見があるかもしれない。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.