2016年の全米オープン開催コース、オークモントの名物ホールのひとつである8番パー3は、なんと288ヤードと全米オープン史上もっとも長いパー3として知られる。2007年、同コース開催の全米オープンでは平均ストローク3.45で難易度ランク5位だったこのホール。「ひょえ~」と驚いていないで、「もしも自分がプレーするならば」と考えてみよう。あなたなら、どう攻める!?

画像: PGA TOUR on Twitter twitter.com

PGA TOUR on Twitter

twitter.com

距離の長いホールはグリーン周りがやさしいというのは定説。だが、このホールにかぎってはグリーン周りはバンカーだらけ。グリーンに乗せる方法は、280ヤード超をキャリーで止めるか、手前の花道を転がり上げるかふたつにひとつ。2007年の全米オープンでのパーオン率は、驚異の27%。

距離288ヤード。世界最難パー3のひとつ、あなたならどう攻める!?

  • 男らしく、ドライバーでワンオン狙い!
  • ユーティリティでバンカー手前にレイアップ。ウェッジで2打目勝負
  • 7番アイアンあたりで「145、145」を打とうかな~
  • え? 僕なら3番アイアンだけど?
  • 男らしく、ドライバーでワンオン狙い!
    48
    36
  • ユーティリティでバンカー手前にレイアップ。ウェッジで2打目勝負
    35
    26
  • 7番アイアンあたりで「145、145」を打とうかな~
    9
    7
  • え? 僕なら3番アイアンだけど?
    8
    6

なかなか288ヤードのパー3をプレーする機会はないけれど、「もしプレーするならば!」と妄想するのもゴルフの楽しみ。さすれば、僕らの妄想をはるかに超える、プロのパワーと技術をもっと楽しめるはずですよ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.